OTWは法律を変えようとしていますか?

いいえ。この分野での判例法は制限が多いですが、現在の著作権法は既にフェアユースによって、私たちがファン小説にの理解を支持していると思います。

私たちは、ファン創作者の権利についての知識を広げ、ファンとプロ創作者両方に、ファン作品に適用されるフェアユースに対しての戸惑いと不確定性を減らすことを目指しています。私たちのモデルの1つは、ドキュメンタリー映画製作者のフェアユースによるベストプラクティスについての陳述です。これは、ドキュメンタリー映画製作におけるフェアユースの役割を明らかにするのに役立ちまます。

Comments are closed.