OTWはファン小説の商業化を支持しますか?

OTW(変形的作品のためのNPO)の使命はまず、純粋の愛によって働き、ファンのギフトエコノミーの範囲内で無料で作品を共有して、コミュニティの一員として他のファンとつながて、好むメディア作品を祝って応えるファン創作者たちを守ることです。

これらのファンは、好む作品を中心として活気に満ちたコミュニティを作り、オリジナル作品やその関連商品に多額のお金を費やして、他の人たちに一緒に買うようと励ます。彼らは原作者の作品と競争しておらず、逆にそれを宣伝するのに役立ちます。

いくつかの変形的作品が営利市場で合法的に流通しています。例えば、The Wind Done Gone(奴隷の観点から「風と共に去りぬ」の再び語り)などのパロディーは、オリジナルと「無許可ガイド」から広範囲に引用している批判的な分析です。これは、ファン小説の作者やファ創作者が一般的に行っていることや、目指していることではありません。私たちはただ自分の趣味とコンミュニティを楽しみ、自分の創造的な作品をシェアしたいと同時に、企業の弁護士が法的なメリットではなく背後の不釣り合いな金額に依存して、停止通知を送信し始めるという絶え間ない脅威が受けたくないです。

Comments are closed.