私はプロ創作者です。自分の作品に基づいて創作したファン作品を読んだり、認めたりすることを避ける必要がありますか?

これが本質的には個人的な決定です。自分の作品に基づいて創作したファン作品を読んだり、見たりすることに腹を立てる場合は、そうしないでください。

理論的には、作者がその物語を読んで、似たようなものを書いて、ファンの作品を盗用したという主張に直面する可能性があるため、作者は自分の作品から派生したファン小説を読んだり認めたりしないようにお勧めします。このリスクを減らす原因はたくさんあります。少なくともアメリカの判例法が第一著者に有利です。同じ宇宙観で第一著者によるより後の作品がファン作品を侵害しているという主張を受け入れる裁判所はありません。とりわけ、人々が似たような前提で物語を始めたとき、彼らが似たようなアイデアで終わることは不思議なことではありません。これは、アメリカの著作権法はアイデア自身ではなく、アイデアの特定な表現を保護するからです。ファンの作品が同じ宇宙観におけるより後に創作した作品に似ているとしても、アイデアの類似性(たとえば、ハリーポッターで魔法の杖の設定)は、著作権主張には不十分です。

しかし、勝てなくても、訴訟を起こすと脅すことができます。本当の問題は、脅すにはファン作品が必要ではありません!作者がファンのメールやオンラインレビューを読んだ場合、登場人物に何が起こるべきかについての、ファンのアイデアに直面する可能性があります。他の本を読んだ場合、後で書く予定のある筋書きや登場人物と似た筋書きや登場人物に直面する可能性があります。実際に、典型的な作者対作者の侵害事件は、ある作品が他の、明らかに無関係な作品を盗用するという声明を含みます。

OTW(変形的作品のためのNPO)の使命は、アイデアとその表現の違いを説明することが含まれています。多くの人が、Houseの次のシーズンに何が起こるかについて同じ考えを持っているかもしれません。しかし、彼らそれぞれが異なるストーリーを書き、アイデアを異なる方法で表現する場合は、それらのストーリーが互いに侵害しません。