ファン小説が合法になったら、出版社やスタジオが原作者に報酬を与えることなく派生作品を作ることができると意味していますか?

そうではありません。営利が重要な要素であり、作品の変形程度も重要です。キャンプファイヤーの周りで物語を語り、非営利のファン小説を自由に共有し、書評で筋書きを要約し、またはファンについてのドキュメンタリー映画を作ることは、小説をテレビミニシリーズに脚色するような、商業デリバティブ企業と同じではありません。

Comments are closed.