テストケースについて計画していますか?

テストケースをする予定はありません。私たちは、EFFのような法的擁護団体との関係を結び、自分自身の法的リソースを開発することに焦点を当てています。

最近の著作権における最も興奮的で役立つ発展の1つは、「ベストプラクティス」とその原則、手順の発展です。これらは、創造的なユーザーにおけるコミュニティにの判断によってフェアユースを構成するものを確立しました。 ベストプラクティスは、訴訟がなくてもフェアユースの権利を守ることができます。フェアユースにおけるベストプラクティスに関する声明をご覧ください。ドキュメンタリー映画製作者が訴訟なしで映画を制作し、ビジネスを行うためにベストプラクティスを使用しているように、私たちは少なくとも非商業的で変形的ファン作品はフェアユースであることを信じて、OTWもこの立場を擁護します。