なぜアーカイブソフトの制作にこんなに時間がかかっているのですか?

OTW(変形的作品のためのNPO)が想定しているようなアーカイブの構築は、簡単なプロセスではありません。既存のソフトウェアを使ってアーカイブを立ち上げるのではなく、ファンのニーズに合わせて設計された新しいオープンソースのアーカイブソフトウェアを構築しています。メンテナンスや再利用が容易で、何十万人もの同時ユーザーからの何百万ものストーリーを扱うことができます。

この作業は、コードの書き方やメンテナンスの仕方を学んでいる研修生を含むボランティアスタッフによって行われており、コーダーのファンコミュニティの構築に貢献しています。これは、将来的にアーカイブソフトを維持するために協力してくれる人たちの集まりです。言い換えれば、私たちはアーカイブソフトを作るだけではなく、ビルダーを育てているのです。

また私たちは時間をかけて、できる限りファンの皆様のご意見を取り入れながら、包括的でファンフレンドリーなポリシーを策定しています。「Archive of Our Own – AO3(みんなのアーカイブ)」でその成果である 利用規約をご覧いただけます。

これには少し時間がかかっていますが、時間をかけるだけの価値があると信じています。 AO3の開発の進捗状況は、ニュースレターやブログでご紹介しています。参加するには、ボランティア採用委員会にご連絡ください

Comments are closed.