AO3におけるAIとデータスクレイピング

過去数か月間に見られるAIツールの急速な普及にともない、Archive of Our Own – AO3(みんなのアーカイブ)のユーザーの皆さんからデータスクレイピングとAI創作及びこうした技術がAO3に与える影響についての懸念がたくさん寄せられています。私たちも同じ懸念を持っております。そこでこの記事ではこれまでに行ってきたデータスクレイピングへの対応、そしてAIについての現在のポリシーをお伝えしたいと思います。

データスクレイピングとAO3のファン作品について

AO3では、アクセス間隔の制限など大規模なデータスクレイピングを行いにくくする技術的な対策をすでに導入しており、また異常なデータ収集が行われていないかどうかサイトのトラフィックを常に監視しています。研究やデータセットの作成が目的であってもこれは例外ではありません。しかし、責任をもったデータ収集(研究者によるデータ収集やユーザーによるWayback Machineへの作品のバックアップ、Googleの検索インデックス生成など)についてはそれを禁止するポリシーはありません。すべての スクレイピングを防止する仕組みを導入すると、サイトを正しく利用しているユーザーにも支障が出てしまうため、そうした仕組みの導入は極めて困難です。

残念ながらも、オンライン上で一般公開されているものは、当初の意図とは違う目的に利用されてしまうこともあります。AIによるデータ収集のトラフィックは多くの場合、上記のような正当な利用と同じ技術を使っているのがまさにそれです。

私たちは、ChatGPTなどのAI学習に使われているコモン・クロールデータセットにAO3のデータが含まれていると確認してから、コモン・クロールにAO3のデータがスクレイピングされないように、2022年12月にコードを追加しました。

しかし残念ながらも、すでに行われてしまったデータ収集を後になって阻止することはできませんし、今存在しているデータセットからAO3のデータを削除することもできません。私たちにできるのは、こうしたデータ収集を今後なるべく減らすように努力することのみです。AO3の開発チームは、これからもAO3におけるデータスクレイピングを個別に監視し、必要に応じて対策をとっていきます。

さらに、AO3の法的サポート委員会もこれまでと同様に、OTW(変形的作品のためのNPO)のミッションとして、ファン作品を法的トラブルおよび商業的搾取から守るために尽力していきます。その一環として、委員会は作品がAI学習のデータセットに取り込まれることに対するユーザーの拒否権を支持しており、米国著作権局にその立場を表明しております。法的サポート委員会は今後とも、AI技術の発展に応じて取り組んでいく所存です。

データスクレイピングされないためにできること

データスクレイピングを防ぐためには作品の公開範囲をAO3ユーザーのみにすることができます。これによってすべてのスクレイピングをが防止されるわけではありませんが、大規模なスクレイピングから作品を保護するためには有効であるはずです。

AI創作作品とAO3のポリシーについて

AO3の利用規約には現時点、全部または一部がAIによって制作されている作品の投稿を禁じる条項が存在していません。投稿作品はそれ以外の点においてファン作品として認められていれば投稿は可能です。

組織としての私たちの目標は、ファン作品をできうる最大限取り扱うこと、良い作品や人気のある作品だけでなくあらゆる作品をできる限り保存することです。従ってファンがAIを使って作り出した作品に関しても、それは保存されるべき作品の一つだと考えています。

状況によっては、AI創作がAO3のスパムポリシーに反する場合もあります(短時間における大量投稿など)。規約違反の疑いがある作品を発見した場合は、迷惑・不正行為対策委員会が調査できるよう、サイトページの下部にあるリンクから委員会までご連絡ください。

本記事はAO3の現在の立場と、AIスクレイピングについて私たちがこれまでに行ってきたこと、またこれから行う予定のことをユーザーの皆さんに知ってもらうという旨から書かれるものであり、AO3の現時点におけるポリシーを表明するものです。ただし、これらのポリシーに関する議論は現在でもAO3内部で行われており、新たな合意が生じた場合はその都度お知らせする予定です。また、AO3の利用規約の変更が提案された場合、その可否を決めるべくパブリックコメントの募集を行います。

本記事でユーザーの皆さんの疑問が少しでも解消できたら幸いです。状況は複雑ですが、私たちはファン作品の最大限の保存とサイトの正当な利用いうAO3の原則を守りつつ、これらの問題に取り組んでいく所存です。議論次第で対策に変化があった場合はその度お知らせします。

Announcement, Archive of Our Own

Comments are closed.